いつまで続く!?終身雇用制度

いつまで続く!?終身雇用制度

終身雇用は日本の正規雇用で慣わしとされている、同一の企業で定年になるまで雇用され続けることを約束する雇用形態のことです。
日本においては、新卒者は基本的にこの終身雇用によって就職しますが、近年の円高、不況の波及から、雇用側がやむをえなく、解雇させるケースも出ています。
この場合、終身雇用という約束を破るため、雇用側にとって非常にリスクの大きいことであり、訴訟が起きる可能性もあります。
基本的に雇用側と被雇用側では、雇用側の方が立場は大きいものですが、よほど被雇用側に雇用側の損害が危惧されることがない限り、解雇させることはできません。
しかし、そのシステム上、気に入らない社員にパワーハラスメントを与えることで、雇用者の方から退職させることを強要させるケースも増えていて (ただしこの場合は個人的な感情によるものが多い)、社会問題になっています。
少子化や不況にあって、日本の慣わしとなっていた終身雇用は実質的に崩壊の道を辿っているといわれています。
最も安定した職といわれる公務員でさえ、不況の中、人数や給料が減っていて、終身雇用が完遂されているかも定かではありません。
しかし、大きな利益をあげている民間企業ならば、終身雇用を存続させている可能性が高いです。

    あなたにお薦めWEBインフォメーション

  • 時間を気にすることなく働ける安心の自宅送迎付き求人情報を京都で探すなら、初心者でもスタッフがイチから接客やノウハウを丁寧に教えてくれて、プロのスタイリストによるヘアメイクや化粧もしてもらえるのでオススメの仕事です。

Copyright(C) 就職カテゴリ All Rights Reserved.