中学生の就職~職人を目指せ!

中学生の就職~職人を目指せ!

中学生は未成年なので、就職活動の際はそのサポートのために、学校を通して企業とコンタクトを取ることになります。
また、労働基準法56条1項では、「満15歳に達した日以後の最初の3月31日が終了するまで、これを使用してはならない」と定められていることから、 15歳になってから3月31日になるまでは、就職活動が行えません。
労働基準法において、18歳に届いていない年齢の労働者は年少者とされるため、年少者を証明する書類が必要であったり、 深夜労働や時間外労働ができなかったり、危険で有害な業務ができなかったりするなどの制限が生まれます。
未成年は、まだ責任を自分ですべて負えない時期なので、安全を保護する必要があるのです。
この年齢で就職できる職種はかなり少なく、学力を必要としない肉体労働系(建設業や製造業、飲食業など)の単純作業や、 若いうちから弟子入りをして修行を積む必要がある職人などにおいて、働くことができます。
特に職人はその専門技術を一から学ぶ必要があり、一人前になるまで長い期間を要するので、若ければ若いほど優遇されます。
戦後まもなくはこうした中学生の就職活動は盛んでしたが、近年においては職人を目指す者を除いて、ほとんど例がありません。

    お薦めWEBインフォメーション

  • 最新バージョンのAutoCADの設定・基礎講座など、その業界で実際に働いている社員が講師となりスキルアップの手伝いをしてくれるCAD求人専用のサイトを探しているなら、自分のスキルに自信がなくても、しっかりとサポートしてくれる体制が整っているのでオススメです。

Copyright(C) 就職カテゴリ All Rights Reserved.