公務員は憧れの就職先から転落したか

公務員は憧れの就職先から転落したか

公務員は、国や地方自治体、国際機関などの公務を執り行う者のことです。
国際機関の公務を行う者を「国際公務員」、中央政府の公務を行う者を「国家公務員」、地方自治体の公務を行う者を「地方公務員」として、分類されます。
日本においては、公務員の職を希望する者がその職につくことで、公務員の身分が得られます。
国家公務員、地方公務員になるには、採用試験に合格する必要があります。
その筆記試験が難しいため、公務員への就職を望む場合、大学受験のように勉強に集中することが就職活動のメインになります。
その試験によっては、1次の筆記試験の後、さらに高度な2次の筆記試験を実施する場合もあります。
そのため、公務員への就職を希望する場合は、在学中の早い段階から試験勉強を始めるのが望ましいでしょう。
公務員は国にとって重要な職務を執り行うことから、こういった厳しい試験を受けさせ、厳選した人員が抜擢されます。
バブル崩壊後は安定した待遇を求め、公務員を目指す就職希望者が非常に多かったものの、 公務員も不況の影響で待遇が落ち込み、近年では公務員試験の受験者数が減少しています。
特に公務員は国民からの風当たりが強く、税金をむさぼっているというイメージからバッシングを受け、ますますその待遇が悪くなっている現状です。

    Copyright(C) 就職カテゴリ All Rights Reserved.