既卒の就職活動について

既卒の就職活動について

中学校、高等学校、大学、大学院の卒業が見込まれる者が行う新卒の就職活動に対して、 既卒の就職活動は、中学校、高等学校、大学、大学院の卒業を終えた後において、就職をしていない者が行うものです。
つまり、内定を得ていない状態で学校を卒業すると、既卒扱いになります。
この状態のことを就職浪人と呼びます。
転職における中途採用もこの既卒に含まれます。
さらには、学校卒業後3年以内の就職活動であれば「第二新卒者」として、新卒に近い評価を受けます。
学校卒業後3年以内の就職活動というのは、社会保険が完備された企業に就職できず就職浪人となった者はもちろん、 企業先の待遇に不満を感じたり、自分のスキルと業務が見合っていなかったり、職種が合っていなかったりするなどして、すぐに退職して転職を志した者も含まれます。
しかし、第二新卒者よりはもちろん通常の新卒者の方が、はるかに有利なステータスです。
特に、新卒で入社した企業に定年まで勤める「終身雇用」は日本の慣わしとなっていて、一生を決めるかもしれない選択になります。
また、転職をする際に、前の職歴が参考にされるので、学歴同様、人生を大きく左右することから、新卒の勤め先は十分に考慮する必要があります。

    Copyright(C) 就職カテゴリ All Rights Reserved.