第二新卒のリスクとポテンシャル

第二新卒のリスクとポテンシャル

第二新卒は、希望する勤め先の内定を得られなかった就職浪人、または就職したものの、学校卒業後3年以内に退職し、転職活動をする者のことを指します。
基本的に、第二新卒は新卒よりもスタートが遅れているため、新卒よりも低い評価を受けがちですが、それを希望する者やその希望を受ける勤め先は多く存在しています。
第二新卒になる就職浪人や転職希望者がなぜ生まれるかというと、新卒で本命だった企業の内定が取れなかった、もしくは取り消されたことから、 第二新卒としてその企業に改めて応募する場合があることなどが挙げられます。
他にも、とりあえず就職をしてみたものの、その職場の雰囲気や業務が自分と合っていなかったり、 そのうちに他の企業で働きたいと思うようになったりしたときや、新卒就職先の給料、待遇が明らかに自分のスキルと見合っていなかったとき、 ブラック企業でまともな勤労が不可能だと判断したときなど、その理由はさまざまです。
第二新卒は企業からある程度のニーズがあります。
通常の中途採用の場合、研修のいらない即戦力として、足りない人手を円滑にカバーするのが目的ですが、第二新卒はそのメリットがありません。
しかし、就職浪人でなければ、新入社員研修を受けているので、キャリアがなくても1から社会人マナーを教え込む必要がなく、教育コストを抑えることができます。

    Copyright(C) 就職カテゴリ All Rights Reserved.